ウイメンズの世界では数少ない存在と言えるフリーサーファー。

メンズでは珍しくないのですが、ウイメンズにおいて特にショートボーダーの中では極めて限られた存在のみと言った感じです。

そんなレアな存在の一人に当たるのがオーストラリアのジャリーサ・ヴィンセント(Jaleesa Vincent)。

今回の動画は、ジャリーサ・ヴィンセントの最新フリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


メンズのサーフシーンにおいて、コンテストの世界はオールラウンド、フリーサーフィンの世界はビッグウェイブやエアリアルなど特定のずば抜けたスキルが求められます。

ただ、ウイメンズにおいてはコンテストサーファーがパフォーマンスレベルにおいて圧倒的にトップなので、フリーサーファーという存在が出にくい環境とも言えます。

基本的にフリーサーファーと言うと、元CTサーファーというワールドツアー経験のあるサーファーが大半なので。

そんな中、スタイルを武器にしたショートボーダーとして、ビラボンというビッグブランドのサポートを受けるようになったのがジャリーサ。

ウイメンズの歴史はメンズの歴史を辿っているような流れがあり、ジャリーサに関してもスタイル、アート、ショートボードと言う点においてオジー・ライトを彷彿させられます。

ですが、新たな道筋が出来たというのも事実なので、ジャリーサ系のサーファーが今後も続いてきて一つのジャンルとなってくるのか注目です。

何年も前からこのような話をしているものの、変化には相当な時間が掛かるのですが。

ジャリーサ・ヴィンセントの過去記事