• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

カリフォルニア州ベンチュラ出身のナザニエル・カラン(29歳)。最近ではあまり名前を聞くこともないような気がしますが、2008年にはアメリカで最も盛り上がるイベントと言われるUSオープンで優勝していますし、元ワールドツアーサーファーです。今回の動画は、そんなナザニエルによるホームでのフリーサーフ映像となります。

ナザニエルと言えば、やはり連想してしまう存在がお兄ちゃんにあたるティミー・カラン(36歳)。Momentum世代として、コンテストにフリーサーフィンにと、大活躍していました。特に、エアーを得意とし、まだまだエアーが一般的となり始めたばかりの頃から、エアリバースやアーリーウープを決めたりと、圧倒的なライディングを見せていました。ただ、気付いてみればミュージシャンへと転身し、今ではソロでアコースティックライブなどをしているようです。

久しぶりに見るナザニエルのサーフィンですが、やはりレベルは桁違いです。最先端マニューバもしっかりと網羅していますし。ただ、この動画で最もインパクトがあったのは、2:16~の波。なんじゃってくらい、ひたすらショルダーの張ってくるリッパブル(リッピングができるという意味)なグッドウェイブです。ちなみに、このサーフスポットはCストリートとのこと。


スポンサーリンク


フリーサーフの関連記事
  • 8か国のサーフィンオリンピックチームがザ・コーヴ(最新造波装置)を体験
  • サーフ撮影で使用されるドローン&上空からの空撮@シップスターン
  • グリフィン・コラピントとセス・モニーツの若手!コンテストで活躍した今季ハワイ動画
  • ウイメンズCT最終戦も目前!2年連続タイトルを狙うタイラー・ライトのウォームアップ動画
  • JOBがサイク!「Who is JOB 7.0」未収録となったバレルセッション動画@メキシコ
  • 日本に似たブレイクを見せるフロリダでのフリーサーフ:エリック・ガイゼルマン

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事