波乗りの中でも少し異質な存在と言えるフィンレスサーフィン。

どのようなライン取りやライディングをしようかという以前に、フィンが無いことから横滑りしたり挙動が不安定なので、言うなれば暴れ馬のコントロールからスタートといった感じですから。

そんな一筋縄には行かないサーフィンにハマるものもいて、そんなサーファーの一人がオーストラリアのアリ・ブラウン(Ari Browne)。

今回の動画は、アリ・ブラウンによるバリ島(インドネシア)でのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


オージーのインドネシア動画ということで、移住者も多いことから最近の映像かと思いきや、昨年撮影された映像だそうです。

撮影の舞台となっているのはバリ島のチャングー

私が初めてチャングーを訪れた20年ほどまでは、ライトハンダー正面にワルンが一軒あるくらいでしたが、現在の様相は一変しています。

一大欧米人向けリゾートといった感じで、ビーチ周辺には多くの宿やオシャレなショップが立ち並び、サンドバーの位置するエコービーチにはパラソルだらけですから。

しかし、唯一変わらないものがあり、それはライトハンダーとサンドバーのグッドウェイブ。

ライトハンダー近くでは開発の影響により地形が壊れるという懸念があるので、どうかサーフスポット消滅に至らなければと願うばかりです。

そんなチャングーでのアリの動画ですが、少しコメディっぽい内容になっていますが、フィンレスを乗りこなすサーフシーンは圧巻です。

アリ・ブラウンの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事