クリスチャン・フレッチャーによる若かりし頃のエアー映像

シェア(記事を気に入ればお願いします)

希代のアンダーグランドサーファーであり、カリスマとして圧倒的な存在感を放つクリスチャン・フレッチャー「Christian Fletcher」(44歳)。クリスチャンの紹介記事は下記リンク先から参照して見て下さい。

ロンボク島デザート・ポイントとクリスチャン・フレッチャーとの繋がり

今回の動画は、そんなクリスチャンの若かりし頃のサーフ映像をお届けします。この動画は、米サーフメディア「What Youth」によるもので、サーフ映像だけを切り取ったものです。

わざわざ切り取ってまで、ネット上にアップしたのは、昨年末のサーファーポールで話題となったフリーサーファーのノア・ディーンです。で、ノアにとってお気に入りのセクションなのでアップしたそうです。

現在において、クリスチャンの映像を見ると非常に驚かされます。何が凄いって、エアリアルが一般的ではなかった時代において、メイクの有無は問わず、エアーの高さが凄まじいので。

軽く飛んでエアーをやったというレベルではないですからね。しかも、当時はエアー向けのボードなどはなかったと思いますので、現在のエアー向けボードでエアリアルをするよりも、遥かに難易度が高いんじゃないかな思います。

ヒールのような存在でありながらも、十分過ぎるほどの実力を備えていたので、カリスマ的な人気を博していたのも納得ですね。


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)