2015年度ウイメンズWCTにおけるタイトルレースのシナリオ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

カリッサ・ムーア コートニー・コンローグ

©WSL / Kirstin Scholtz

泣いても笑っても、最終戦を残すだけとなったウイメンズのWCTイベント。最終戦の舞台は、マウイ島(ハワイ)ホノルア・ベイで、ウェイティングピリオドは11月21日~12月4日となります。いよいよ大詰めであり、ウイメンズのワールドチャンピオン決定も刻一刻と迫っていますね。

今回の記事は、誰が2015年度のワールドチャンピオンになるのかという、サーフィン界の女王を巡るタイトルレースのシナリオをお届けします。ちなみに、WCTでチャンプとなるための合計ポイントは、全ツアーイベント結果のポイント数の合算ではなく、ワースト2の獲得ポイントを除外しての計算となります。


スポンサーリンク


現在、タイトルレースに残っているのは、現ランキングトップのカリッサ・ムーア、現ランク2位のコートニー・コンローグのみ。

ウイメンズ タイトルレース

カリッサがタイトルを獲れば、3度目のワールドチャンピオン。コートニーがタイトルを獲れば、自身初であり、アメリカ本土出身サーファーとしては1997年のリサ・アンダーソン以来となります。

タイトルレースのシナリオは以下の通り。

・カリッサがファイナル進出を果たせば、自力でタイトル確定

・カリッサが3位または5位となれば、コートニーは優勝でタイトル確定

・カリッサが5位で、コートニーが2位ならばサーフオフ(サーフオフとは、最終戦終了時にWCTポイントが同点の場合、チャンピオンを決めるための直接対決となるヒート)

・カリッサが9位または13位となれば、コートニーは3位以上でタイトル確定

こう見ると、コートニーは自力でのタイトル獲得は不可能な状況にあり、カリッサの結果に委ねられています。果たして、どちらに勝利の女神が微笑むのでしょうか!?

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)