サーフラインが厳選した2015年度ベストワイプアウト動画

シェア(記事を気に入ればお願いします)

one of greatest wipeout 2015

ビッグウェイブサーフィンにおける一大スペクタクルのワイプアウト。巻かれているサーファーは無駄な体力を使わないよう、禅のような境地にいる一方、見ている方は裏腹に大興奮となります。

今回の動画は、WCTイベントの公式サーフ予報を務めるサーフライン(Surfline)が選んだ2015年のベストワイプアウト特集映像をお届けします。


スポンサーリンク



動画に登場するサーファーとサーフスポットは、登場順に以下の通り。

・デイヴ・ワッセル
マーヴェリックス(北カリフォルニア)

・ブラッド・ドンキー
サイクロプス(オーストラリアWA州)

・ペドロ・カルド
プエルト・エスコンディード(メキシコ)

・マルシア・フレイレ
ジョーズ(マウイ島)

・ニッコロ・ポルセラ
チョープー(タヒチ)

・ゲイリー・リンデン
プエルト・エスコンディード(メキシコ)

・トム・ロウ
プエルト・エスコンディード(メキシコ)

・ココ・ノガレス
チョープー(タヒチ)

・ラッセル・ビールキ
クラウドブレイク(フィジー)

・ブルック・フィリップス
シップスターン(オーストラリアTAS州)

最もヤバいワイプアウトは、1:53~からのニッコロ・ポルセラによるチョープーでのワイプアウトでしょう。2015年のサーファーポールにおいても、ワーストワイプアウト賞を受賞していますし。

すんごいスピードでリップに吸い込まれ、そのままボトムへと叩き付けられていく様は、ホラー映画よりも恐怖を感じるほどヤバいです。

もう一つインパクトの強い映像は、2:24~からのゲイリー・リンデンによるワイプアウト。ゲイリーはBWT(Big Wave Tour)の創設者であり、ASP(WSLの前身団体)に買収されてからはBWTのバイスプレジデントを務めています。

そのゲイリーですが、御年65歳でプエルト・エスコンディードにチャージしているのです。その事実だけで、もう圧巻の一言ですよね。

今回登場しているサーファーの過去記事や、該当ワイプアウトシーンの過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

ビッグウェイブサーファー直伝!長時間呼吸を止める方法:デイヴ・ワッセル

スキムボードでチョープー(タヒチ)にチャージ:ブラッド・ドンキー

現在プエルト・エスコンディードに押し寄せている過去最大スウェル

過去最悪と言われるワイプアウトも発生したクレイジーなチョープー(タヒチ)@2015年7月

2014年シーズン最大スウェルのプエルト・エスコンディードでローカルサーファーを追ったドキュメント

豪ビッグウェイブサーフィン界の師匠/マーク・マシューズ&弟子/ラッセル・ビールキ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)