• ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日

ミック・ファニング スナッパーロックス ゴールドコースト オーストラリア

世界のベストサーファーが世界のベストウェイブで競うコンテストサーフィン最高峰のWCT(World Championship Tour)。波の発生は自然現象とあり、ウェイティングピリオドをメンズの場合だと2週間近く設け、その期間内にベストコンディションとなる数日で開催されます。

しかし、過去二年は波運に見放されてきたゴールドコースト(オーストラリア)のスナッパーロックスをメイン会場とするWCTイベント初戦のクイックシルバープロ。

今回の動画は、そんなスナッパーロックスで1月24日(日曜)に撮影されたばかりの最新フリーサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク



2014~2015年のクイックシルバープロは波が外れ年となり、昨年2015年に至っては異例となるウェイティングピリオド延長という措置まで取りました。

2015年度クイックシルバー&ロキシー・プロ・ゴールドコースト:最終日ハイライト

というのも、ウェイティングピリオド終了後にサイクロンスウェルが入る予報となっていたため。ただし、サイクロンスウェル到来は遅れるという残念な結果となりました。

2015年クイックプロ終了後のサイクロンスウェルの行方は?

ここ数年、クイックシルバープロ開催前にはスナッパーロックスが炸裂するにも関わらず、コンテスト期間になると海が穏やかになってしまうという悲しい展開。願わくば下記リンク先の2013年のよう、キラに移動してバレル勝負などとなって欲しいですね。

2013年度ワールドツアー ハイライト1

さて、そんなスナッパーロックスでの最新映像ですが、サイズはそこまでないものの、ひたすらバレルという夢のようなコンディション。0:53~からは、ミック・ファニングがドロップイン(前乗り)!?からのロングバレルをスタート。

ひたすらストールさせてはバレルを出たり入ったりを1:17まで繰り返しています。4×バレルといった所でしょうか。半端じゃないです。

現在はかなり地形の良さそうなスナッパーロックスですが、WCT初戦開催時にはどうなるのか気になりますね。ちなみに、今年2016年クイックシルバープロのウェイティングピリオドは3月10~21日です。

今年のスナッパーロックスに関する過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

2016年ニューイヤースウェル到来のスナッパーロックス&バーレーヘッズ@オーストラリア

フリーサーフの関連記事
  • Jベイでボードのテストライド:トム・カレン
  • シーズン中はホームのマウイ島で過ごすマット・メオラの飛びまくりウインターセッション
  • ケリー&パーコによるクラウドブレイクの8フィートセッション
  • ニュージャージー州のサーファーによるコールドウォーターセッション
  • WA州北西部のワイルドバレル:ディノ・エイドリアン
  • スケルトンベイ並みのラインナップが広がる米国ノースカロライナ州ハッテラス島

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
2013年の軌跡:マキシム・フスノット
フリーサーフ
レユニオン島出身のマキシム・フスノット(21歳)。今回は、前回のマット・バンティング同様、マキシムが世界中を旅しながら各地で撮影されたサーフ...