アルビー・レイヤーが死を感じたマウイ島ジョーズでのヘビーワイプアウト

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via Surfline

マウイ島ジョーズ(現地名:ピアヒ)でこれでもかと言うくらい攻めるサーフィンを見せるアルビー・レイヤー「Albee Layer」(26歳)。

その結果として、ジョーズ史上最もディープなバレルをエルニーニョ年にメイクして話題になりました。その一方、危険なまでのワイプアウトも。

今回の動画は、エルニーニョ現象となった2015/2016年シーズンにアルビー・レイヤーが体験したマウイ島ジョーズでのワイプアウトについて、本人が解説する映像をお届けします。


スポンサーリンク



今回の内容については当時、軽く触れた記事をお届けしています。

エディに代わってジョーズが炸裂!アルビー・レイヤーの慌ただしかった日程と怪我まで
同じハワイアンとして、オアフ島出身のジョンジョン・フローレンスに匹敵する存在と考えられるマウイ島出身のアルビー・レイヤー「Albee...

そして今回は本人の回想記を交えた内容。テイクオフ直後のエアドロップは見事にメイクしたものの、その後のドロップでワイプアウトしてしまったアルビー。

その時の状況は「体がとんでもなくぎこちない形で半分に折れ曲がったんだ。波のフェイスに頭から突っ込んだ瞬間は、一瞬意識が飛んだよ」。

「波に吸い込まれてボトムに落ちていく時は両腕の感覚を失ってた。ジョーズで命を落とす時は、こんな感じなんだろうなって思ったね」。

その後は腕の感覚がなかったので、インフレータブルベストのコードを引く事すらできなかったものの、何とか右腕の感覚だけが復活。壮絶すぎますね…。

そして、左腕の感覚は戻らないままに、今度は20フィートほどの波に巻かれることに。ですが、場所がジョーズということも幸いし、二本目の波に巻かれた後、全てのジェットスキーが救助に来てくれたとのこと。

脳震盪を起こしてフラフラした状態ながらも、辛うじて生還できたアルビー。本人は首を骨折したと思っていたそうですが、ギリギリで骨折には至らなかったそうです。

ただ、波の破壊力は壮絶であったため、頸椎を固定するためのネックカラーを装着する生活が一週間ほど続くことに。

ちなみに、2016年2月に開催されたエディイベントでは、コア・ロスマンが肋骨を骨折したのですが、イベント自体は大怪我をするサーファーもなく無事に終わったと報告されました。

今冬のオアフ島やマウイ島でコア・ロスマンが見せたチャージ動画@2015/2016
父親はダ・フイ(Da Hui)創設者のエディ・ロスマン、兄は2014/2015年シーズンBWT(ビッグウェイブツアー)チャンピオンの...

つまり、ビッグウェイブサーフィンの世界では、このアルビーの怪我も決して大怪我ではなく、日常茶飯事にあり得るレベルということなのかもしれません…。

——–

参照記事:「Greatest Wipeouts: Albee Layer’s Near Neck-Breaker at Jaws

アルビー・レイヤーの過去記事

ジョーズ、エアリアル、スラブが詰まった16/17年シーズンのアルビー・レイヤー@マウイ島
近年、プログレッシブなサーフスタイルで新たな扉を開け続けているハワイアンフリーサーファーのアルビー・レイヤー「Albee L...
アルビー・レイヤーなどマウイボーイズによるクラウドブレイク(フィジー)セッション動画
世界トップレベルのハイパフォーマンスビッグウェイブスポットとして知られるハワイのマウイ島ジョーズ(現地名:ピアヒ)。 ...
「サーフィンは自己表現の手段」と語るアルビー・レイヤーのルーツ
近年増えている「プラスアルファ」を持つプロサーファー。最も分かりやすい例で言えば、プロサーファー兼シェイパーといった存在がい...
アルビー・レイヤーがマウイ島(ハワイ)でレフトのシークレットスラブにチャージ
ここ数年で注目度が急上昇しているマウイ島出身ハワイアンサーファーのアルビー・レイヤー「Albee Layer」(25歳)。...
アルビー・レイヤーが世界の有名サーフスポットから選ぶ「MFK」
ハイパフォーマンスサーフィンを常に追求し続けるマウイ島(ハワイ)出身フリーサーファーのアルビー・レイヤー「Albee Layer」(...
<必見>世界初となるBSエアリバース540をアルビー・レイヤーがメイク
モダンサーフィンにおいて欠かせないマニューバとなっているエアリアル。そんなエアリアルは進化を続けていますが、メインとなるローテーショ...
ジョーズ史上最もディープなバレル!エディ欠場のアルビー・レイヤーがエディ当日にメイク
サーフィン界が6年振りの開催となったエディイベント開催中のオアフ島(ハワイ)ワイメアに釘付けとなっていたハワイ時間の2月25日。 ...

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)