フィンを外してサーフしたら価値観が変わるかも!?ジョーダン・ロディンのケース

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via vimeo

ここ数年、本格的に人気を集めるほどとなったフィンレスボードでのサーフィン。

そのフィンレスボードの魅力にはまっているサーファーの一人がジョーダン・ロディン(Jordan Rodin)。

今回の動画は、ジョーディン・ロディンがフィンレスボードにハマることになったきっかけやフィンレスボードでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク



もともと通常のショートボードに乗っていたジョーダン。しかし、膝を怪我してしまい、4カ月のリハビリ生活を余儀なくされました。

ようやく海に戻れる時期になると、まずは膝をかばうためにシングルフィンでのサーフィンをスタート。

数か月に渡りシングルフィンサーフィンをしていたある日、フィンを装着してくることを忘れてしまったジョーダン。その時に「まぁ、いっか」と思ってフィンレスサーフィンをすることで、すっかり価値観が一変したそうです。

現在ではすっかりとフィンレスサーファーとなり、敬愛する存在はフィンレスマスターのデレク・ハインド。乗っているボードがデレクの「FFFF」ですしね。

フリーフリクション(フィンレス)で独自のサーフワールドを形成するデレク・ハインド
独自のサーフカルチャーを掘り下げ続けるサーフレジェンドに相応しい生き方を貫いている元ワールドツアーサーファーのデレク・ハインド(De...

そんなジョーダンにとってフィンレスとは、「一本の波でちょっとした一回のターンしかできないかもしれないけど、ショートボードで3回ターンするより気分が良いんだ。僕的にはね」とのこと。

———-

参照記事:「Finless and Fancy Free: Why Finless Surfing Will Change Your Surfing Life

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)