ウイメンズCTサーファーとして、すでに10年のキャリアを持つハワイアンサーファーのココ・ホー「Coco Ho」(27歳)。

そのココが、ビーチサンダルでお馴染みの「Reef(リーフ)」のグローバルアンバサダーになったとか。

今回の動画は、リーフによるココ・ホーへのウェルカム映像をお届けします。


スポンサーリンク


兄は現リーフアンバサダーのメイソン、父はレジェンドのマイケル、叔父は元ワールドチャンピオンであり元リーフアンバサダーのデレク。

豪華サーフィン一家に育ったココは、まさにウイメンズとしてハワイアンサーフィンの血統を引き継ぐ存在ですね。

2009年にワールドツアー入りしてからの5年はトップ10をキープし、2014年からはトップ10入りを逃しながらも確実にQSランクでCT残留を決めているウイメンズのトップサーファーの一人。

そんなココのサーフィンはやはりホームであるハワイでのサイズのある波が似合い、パワフルでありながらもフェミニンかつしなやかなラインが魅力ではないでしょうか。

「サーフィンする時は、ナチュラルかつ優美さを心掛けているから、強引に何かをしようと思ったことはないわ」とのこと。

動画にはリーフアンバサダーであるミック・ファニング、ビリー・ケンパー、そして兄のメイソンも出演。ミックが良い味出してます(笑)。

ココ・ホーの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事