究極のレフトのスラブ(slab:底ボレするバレル)として知られる南太平洋に浮かぶタヒチのチョープー。

メンズのCT(チャンピオンシップツアー)イベント会場としても有名ですね。

今回の動画は、チョープーに今季ファーストスウェルが入ったとの事でローカルサーファーによる一本のベストライド映像をお届けします。


スポンサーリンク


サーフシーズン入りしたと言うものの、まだまだアーリーシーズンと言える南半球。

そんな南半球のチョープーで早くもファーストスウェルがヒットすることに。

その待望のセッション(3月6日)にて、ベストウェイブを掴みパーフェクトなラインを描いて見せたのがチョープーの波をよく知るローカルのマタヒ・ドローレ「Matahi Drollet」(21歳)。

マタヒがサーフラインに寄せたコメントは以下の通り。

夢のようなスウェルだったね。混雑もしてなくパーフェクトで理想通り。南寄りのスウェルだったから、ディープなバレルを狙おうと、誰よりも奥のポジションを選んだんだ。

あのセットが入って来た時、パーフェクトなポジションにいる事は分かっていたから、テイクオフはイージーで、あとはパンプをベストタイミングで入れるだけだった。

全てがパーフェクトに進んだから、メイクできて凄いハッピーだったよ(笑)。

動画を見ると良く分かりますが、他のサーファーよりずっと奥で波待ちし、とんでもなくディープなポジションからバレルを抜けてくるマタヒ。

鳥肌ものの一本ではないでしょうか。

マタヒ・ドローレの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事