サーフィン界の革命児と言えるハワイアンフリーサーファーのアルビー・レイヤー「Albee Layer」(29歳)。

世界初となるバリエーションのエアリアルを数々メイクしたり、自分の意見を包み隠さずSNSで発信していく数少ない存在です。

そのアルビーは限界をプッシュする激しいチャージにより、体を酷使していたことが昨シーズンに判明。

今回の動画は、アルビー・レイヤーの復帰と言えるフリーサーフィンを含む映像をお届けします。


スポンサーリンク


これまでにBS(バックサイド)エアリバースのダブルスピン、アーリーウープのダブルスピン(ダブルウープ)、マックツイストを世界初メイクしているアルビー。

これだけ聞くとエアリアルサーファーだと思われがちですが、ホームであるマウイ島ジョーズでのパドルインチャージも得意分野。

なのですが、昨シーズンのジョーズチャレンジでのワイプアウトにて脳震盪を起こし、病院で診察を受けることに。

すると、これまでのようなサーフィンを続けていると、5~10年後くらいにはCTE(慢性外傷性脳症)などを発症する可能性が高いと診断されています。

そのような経緯もあり、脳への衝撃を減らすためにヘルメットを被ってサーフする姿が目立つようになりました。

また、最近では体を万全の状態にするため、食にこだわってみたり、ジムで体を鍛えたりと健康に気遣っているとか。

さて、プロサーファーとしては29歳ということでまだまだ伸びしろが豊富なアルビー。

独創的なアプローチで、今後はダブルコークのメイクなども期待されるので、さらなる飛躍を楽しみにしたいところです。

アルビー・レイヤーの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事