世界の中で最もシャークアタックが多発しているアメリカ東海岸のフロリダ州。

国としての発生件数トップのアメリカにおいて、州別では2位に2倍以上の差を付けてトップなのがフロリダです。

それだけシャークアタックが発生しているということは、海にサメがいること自体が珍しくないと言えます。

今回の動画は、フロリダのニュースマーナビーチを上空からドローン撮影した映像をお届けします。


スポンサーリンク


動画を撮影したのはサーファーでありVloggerでもあるジョーイ・パエザノ。

サーフィン前に軽く撮影しようと思い、ドローンを飛ばした時の映像が今回の動画です。

動画を見ると、かなりサイズのあるサメも泳いでいて、ジョーイによると膝位の水深のエリアまでサメはやって来ていたと言います。

かつてはサメは水深の浅い海域までは来ないと言われていましたが、近年の傾向としては最も被害者となっているのはサーファーであることから、浅くてもサメが来ることが実証されていますね。

こんな様子を海に入る前に目の当たりにしたジョーイですが、それでもサーフィンしに海に入ったそうです。

この環境で育てば海にサメがいることは当たり前と言う感覚なのでしょう…。

-----

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事