「月への階段」と呼ばれる自然現象が有名な観光地として知られる西オーストラリアのブルーム。

そのブルーム近くのビーチにてシャークアタックが発生し、59歳のボディボーダーが命を落とす事となりました。

今回の記事は、ブルーム近くでのシャークアタック、オーストラリアで今年発生したシャークアタック件数、今後のシャークアタックの傾向といったニュースをお届けします。


スポンサーリンク


シャークアタックが発生したのはケーブルビーチで以下の場所となります。

事故発生は11月22日午前のことで、被害者となったチャールズ・サーノボリは岸から30メートルほどのエリアでボディボードを楽しんでいる時に襲われたとのこと。

事故発生時には近くにカップルがいて、男性はチャールズの救出、女性は救急車の手配を行い、迅速な対応で病院に搬送されたものの息を引き取ったそうです。

サメの種類については判明していないものの、目撃談によると4メートル近いサメだったとの意見もあったと言います。

ブルームで最後に致命傷となったシャークアタックが発生したのは1993年のことで、被害者となったのは真珠貝を取るダイバーだったそうです。

もう少しエリアを広げ、西オーストラリアでは過去10年においてシャークアタックによる致命傷として14件目とのこと。

今年2020年にオーストラリアで発生したシャークアタック件数は、TARONGAによると合計23件で、致命傷のケースは8件。

致命傷のケースが最も多い州は西オーストラリア州で、3件となっています。

さて、これから真夏へと季節が移り変わっていくオーストラリアは、今シーズンはラニーニャ現象が発生すると見られています。

ラニーニャ現象が発生すると大雨を伴うことになり、その影響により海水が濁ります。

すると濁った海域へと姿を現すのがオオメジロザメ。インドネシアのバリ島のバリアンと同じですね。

このような事情から、この夏のオーストラリアではシャークアタックが増加すると見られています。

オオメジロザメであれば、シャークバンズが効果的との実験動画もあったので、シャークバンズを試して見るのもアリかもしれません。

参照記事「Bull shark attacks more likely this summer because of La Niña

-----

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事