「Stay Pshyed」のセリフでお馴染みとなっているハワイアンサーファーのジェイミー・オブライエン「Jamie O’Brien」(37歳)。

そんなジェイミーはサーフスタントなどをフィーチャーしたYoutubeチャンネルが大人気となっています。

ですが、長年酷使し続けてきた膝がついに悲鳴を上げ、膝の手術に踏み切ったことを先日発表。

今回の動画は、膝のリハビリ期間中の今だからこそといったジェイミー・オブライエンによるハウスツアー映像をお届けします。


スポンサーリンク


ベランダからはパイプラインのラインナップを一望できるサーファーにとって夢のような家で暮らすジェイミー。

ジェイミー本人は21歳の時にパイプマスターズにワイルドカード出場して優勝し、パイプマスターになっています。

そんなジェイミーの自宅で注目のポイントは、ガレージに収められている数々のヴィンテージボード。

サーフィンの歴史自体は諸説あり、ハワイがサーフィン発祥の地やら、ペルーのトトラ舟での波乗りが世界最古などと言われています。

一方、スポーツとしてのサーフィンの歴史は分かっていて、ワールドツアーの始まりは1976年。

初代ワールドチャンピオンとなったのはピーター・タウネンドで、現在は中国のナショナルコーチを務めていますね。

そのピーターの現在の年齢は67歳なので、サーフィンのスポーツとしての歴史が浅いことが分かります。

そのため、ジェイミーはスポーツサーフィンの第一世代と触れ合うことができていて、実際に第一世代のサーフボードなどもコレクションしています。

これってサーフィン史においてとてつもなく貴重なものであり、今後さらに希少性が高まることでしょう。

ジェイミーがどのようなサーフボードをコレクションしているのか動画からチェックして見て下さい。

ジェイミー・オブライエンの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事