新型コロナの世界的流行により、当初はゼロコロナ政策であった事から出入国制限が厳格であったオーストラリア。

しかし、ウイズコロナへと転換したことでオーストラリアのプロサーファーは、ようやく自由に海外トリップができるようになり、多くのサーファーがシーズン中のインドネシアへ飛んでいます。

そんなサーファーの一人であったのが、若手スタイルマスターとして知られるオスカー・ラングバーン「Oscar Langburne」(19歳)。

今回の動画は、オスカー・ラングバーンによるインドネシアでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


オスカーのファンであれば、SNSからオスカーがインドネシア入りしていたことを知っていた方も多いでしょう。

3月辺りからインドネシアに関するSNS投稿が始まっていましたので。

インドネシアでは各地を転々としていたようで、バリ島はもちろんのこと、メンタワイ諸島やスマトラ島などを訪れていたようです。

ただ、今現在オスカーのインスタグラムはなぜか削除されてしまっているのですが…。

今回の動画でフィーチャーされているエリアはメンタワイ諸島で、目的はクリステンソンサーフボードのテストだったそうです。

ツインやクアッドなどセンターフィンのないフィンセッティングばかりとなっていて、ラインナップは以下とのこと。

Lane Splitter:5’7. 18 7/8. 2 5/16(スカッシュテール)
Lane Splitter:5’9. 19. 2 1/4(ラウンドテール)
Lane splitter:5’4. 19 3/8. 2 5/16(スワローテール)
Myconaut:5’1. 20. 2 5/16
Nautilus Twin:5’10. 19 1/2. 2 5/16

クリステンソンのボードに乗ったオスカーのスタイルがどのように映ったのか、動画からチェックして見て下さい。

オスカー・ラングバーンの過去記事

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事