オーストラリアをホームとする若手スタイルマスターのオスカー・ラングバーン「Oscar Langburne」(17歳)。

クレイグ・アンダーソンに見いだされてフォーマー(Former)のライダーとなり、現在はルーカ(RVCA)ライダーとなっていますね。

若手としては珍しく、派手なエアリアルではなくスタイルを重視しているサーファーです。

今回の動画は、オスカー・ラングバーンが今年メルボルン(オーストラリア)でオープンしたウェイブプール「URBNSURF(アーバンサーフ)」でのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


2020年1月に一般オープンしたばかりのアーバンサーフ。造波装置はウェイブガーデン社のザ・コーヴを利用しているウェイブプールです。

これまでにも続々とオーストラリアのプロサーファーが訪れ、ライディング動画がインターネット上で公開されています。

そんな中、オスカーもアーバンサーフを訪れることに。

数週間前、ラッキーなことにウェイブプールでヘイデンシェイプスの「White Noiz」、「Hypto Krypto」、「Untitled」ってモデルをテストしたんだ。

最高な一日だった。僕らを受け入れてくれたみんな、そして最高のボードを提供してくれたヘイデンに感謝だね。

さて、動画の舞台となっているアーバンサーフですが、1月にオープンしたばかりにもかかわらず、新型コロナウイルスの影響により現在は営業していません。

3月24日から営業自粛となり、当面の再オープン予定は5月1日(金曜)となっています。

オスカー・ラングバーンの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事