blank

Photo: WSL / KIRSTIN SCHOLTZ

2022年8月11日からウェイティングピリオドに入るタヒチのチョープーを舞台としたCT(チャンピオンシップツアー)第10戦「Outerknown Tahiti Pro」。

今季レギュラーシーズンの最終戦となるCTイベントですね。そのタヒチプロのヒート表が発表となりました。

今回の記事は、2022年タヒチプロのメンズとウイメンズのヒート表に関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


2022年タヒチプロのヒート表

メンズ

メンズで今イベントを欠場するCTサーファーは、ガブリエル・メディナとコロヘ・アンディーノの2名。

ガブリエルはブラジルCTイベント時の怪我によるもので、コロヘに関しての理由は不明。

ただし、ブラジルイベントでの1コケ後にメンタル面で落ち込んでいるようなSNS投稿をしています。

内容的にはパフォーマンス的にもメンタル的にも思い通りの結果と行かず、結果を残せても失うものの方が圧倒的に大きいといったネガティブな趣旨。

この投稿はブラジルイベントでの敗退後の事で、この時点ではエルサルバドルにブラジルと2戦続けての1コケとなり、その後のJベイでも1コケとなり、今回の欠場に至っています。

さすがに上記投稿を見るとメンタル的にかなり危うく見られるためか、同じくアメリカのウイメンズCTサーファーたちが「Love you」というコメントをしているほど。

さて、ガブリエルのリプレイスメントはいつものヤゴ・ドラ、コロヘのリプレイスメントは何とネイザン・ヘッジとなっています。

ネイザンはタイトルスポンサーであるケリーブランドのアウターノウンからサポートを受けている点も選出された理由の一つかもしれません。

嬉しいニュースとしては、今回のヒート表でジョンジョン・フローレンスの名前があるので、ついにツアー復帰になるのかもしれません。

メンズはもう1枠残っていて、この枠はローカルトライアルの優勝者になるのだと思います。

ウイメンズ

ウイメンズの欠場者はいなくて、1枠あるワイルドカードは元ワールドジュニアチャンピオンでローカルのヴァヒネ・フィエロ。

ヴァヒネのチョープーチャージは度々話題になっているほどなので、これ以上ない人選である上、手強いワイルドカードになることでしょう。

まとめ

昨年は新型コロナの感染者数増大により、急遽キャンセルとなったので待ちに待った開催と言えますね。

今年のイベント期間半ばとなる8月16日には、8~12フィートのスウェルがヒットする予報となっているので楽しみにしたいところです。

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事