オーストラリアでコロナ禍の2020年8月にスタートしたサーフィンをテーマにしたテレビ番組「Rivals(ライバルズ)」。

同番組は、かつてライバルであった元CTサーファーたちを集めてオンラインコンテストを行うと言った内容でした。

今年でシーズン3を迎える今シーズンは、現役世代のアンダーグランドオージーサーファーたちが主役となることに。

今回の動画は、ウェイド・カーマイケル「Wade Carmichael」(29歳)をフィーチャーしたライバルズのシーズン3エピソード7が公開されたのでお届けします。


スポンサーリンク


20台でトップレベルのコンペティターとしては珍しく、パント系は無しでオージーサーファーとしてトラディッショナルなパワーサーフィンを武器とするウェイド。

2018年にCTデビューを果たし、ルーキーイヤーにはブラジルとJベイの2イベントで準優勝し、CTランク9位でルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得。

その後、3シーズンをCTサーファーとして過ごし、2021年は残念ながらCTランク28位となってリクオリファイを逃しました。

そんなウェイドはNSW(ニューサウスウェールズ)州セントラルコーストのアヴォカビーチ出身。

ですが、豊富なサーフスポット、コンペティティブな環境、空港の近さとプロサーファーにとって利便性の高いゴールドコーストで暮らしているとか。

そして再びワールドツアーへの返り咲きを目指すとのことです。

ライバルズヒートの開催地となったのは、ウェイドにとってホームブレイクであるアヴォカビーチとなり、今シーズンの中でベストウェイブを当てることに。

エピックコンディションのオープンフェイスでウェイドが見せたパワーハックは必見なのでチェックして見て下さい。

ライバルズS3の過去記事

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事