via youtube

3シーズン連続でワールドチャンピオンを輩出しているリップカール。

2016~2017年がタイラー・ライト、2018年がガブリエル・メディナですね。

今回の動画は、リップカールのチームライダーによるオアフ島(ハワイ)ノースショアでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


動画に出演しているリップカールのトップライダーを挙げると、ガブリエル・メディナ、マット”ウィルコ”ウィルキンソン、オーウェン・ライト、ミック・ファニング、コナー・コフィン。

ガブリエルが2×ワールドチャンピオンに輝いた一方、ミックはシーズン途中に引退、CTランク25位でフィニッシュしたウィルコはトップ22入りを逃してのツアー脱落となりました。

ウィルコのツアー落ちは2016年と2017年にCTランク5位となっているだけに落差が激しく、2018年から厳しくなったジャッジ基準の影響を最も受けたサーファーの一人と言えます。

一方、今季のジャッジ基準では厳しくなると思われたコナーは(レールサーフィンが主体なため)、予想外にも過去最高となるCTランク7位となっているので分からないものですね。

そんなリップカールライダーによるハワイでのフリーセッションの様子をチェックして見て下さい。

-----

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事