デーン・レイノルズのオーストラリア放浪記inバイロンベイ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

オーストラリアン・オープン・オブ・サーフィンに参加するため、オーストラリアに渡ってきたデーン・レイノルズ。しばらくの滞在予定で、上記イベント後はサーフェスト・オーストラリアにも参戦しました。

そして、3月の頭から開催されるワールドツアー緒戦「クイックシルバー・プロ」には、スポンサー枠のワイルドカードで出場する事となったので、しばらく滞在していたシドニーを去り、現在はゴールドコーストにいる事でしょう。

移動途中にヒッピータウンで知られるバイロンベイに寄ったらしく、今回の動画が上がってきました。セッションの舞台となったのは、バイロンベイのザ・レックで、古い難破船が目安になるスポットです。

デーンのサーフバディは、バイロンベイ出身でスーパーグロメットのカイアス・キング(13歳)。カイアス君は、すでにボルコムなどといった大手スポンサーが数多く付き、ハワイのノースショアにもチャレンジしている大型新人です。

動画ではカイアス君のライディングがほとんどですが、少しだけの登場シーンでもデーンらしさ全開です。これからも、デーンのオーストラリア動画は出てくると思いますので楽しみです。また、クイックシルバー・プロでは、ワールドツアーサーファー相手にどんなサーフィンを見せてくれるのかも楽しみですね!


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)