サーフィン、スケートボード、スノーボードという3つの横乗り。サーファー視点で考えると、波がない時の練習としてスケートボードをしたり、冬になるとスノーボードも楽しむといった方は多く見受けられます。

今回の動画は、そんな上記3つのスポーツを一日で楽しんじゃおうといった映像となります。ただ、どこでも楽しめるスケートを除き、サーフィンとスノーボードは一筋縄にはいかないですよね。

サーフィンは海ありきで、さらには波がなければできません。一方のスノーボードは、ウインタースポーツという条件付き。つまり、3つのスポーツを同日に楽しむには、冬の雪山が大前提にあり、その雪山から、波がブレイクするサーフエリアへのアクセスが可能な場所に限られます。

このチャレンジ、実はさほど珍しくありません。ただ、どこでも可能なスケートを除いたチャレンジの方がよく目にする気がします。つまり、スノーボード×サーフィンですね。

世界を見渡してみて、そんなチャレンジが可能な国といえば、まずは日本。スキー場が多くある日本なので、後はサーフエリアに隣接していれば簡単に可能となります。

他の国で言えば、チリ、ニュージーランド、カリフォルニア、カナダなどがメジャーどころとして挙げられます。しかし、今回チャレンジが行われたのはオーストラリア。あまり、雪山のイメージがないですよね。

私はオーストラリアに住んでいた時期がありますが、オーストラリアの雪山については全く知りませんでした・・・。調べてみると、NSW(ニューサウスウェールズ)州とVIC(ヴィクトリア)州の州境近辺に連なるオーストラリアン・アルプス(オーストラリアアルプス山脈)などで、スノースポーツが可能という事です。

今回のチャレンジの素晴らしい点は、グッドウェイブでサーフィンしているところ。クソ波で海に入っただけでも、サーフィンもやったぜ!とは言えるものの、波のクオリティにもこだわった点がお見事です。


スポンサーリンク

 

C13 地球の歩き方 シドニー&メルボルン 2015 (ガイドブック)
地球の歩き方編集室 編
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 133,245

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事