via Slater Designs's instagram

11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーターが昨年スタートさせたサーフボードブランド「スレーターデザインズ(Slater Desings)」。

同サーフボードブランドから、新作モデルとして「ガンマ(Gammma)」のリリースが発表されました。

今回の記事は、ガンマモデルの特徴、ケリー・スレーターによるライディング映像を含むプロモーション動画をお届けします。


スポンサーリンク


ガンマに関するファイヤーワイヤー(Firewire)によるモデル説明は以下の通り。

Gammaは、2017年のKellyにとってのオールラウンドなショートボードだ。

今年、Kellyは何人かの素晴らしいシェーパー達と共に、多くの異なるシェープのボードに取り組んでいたにもかかわらず、彼の考えを含んだこのKellyシェイプデザインがもたらすスピードと素早い回転性は彼自身をも興奮させた。

CADでのボードデザインや変更、幾度にわたるテストライドにより、この信じがたいオールラウンド・ショートボードの開発を導いた。

シングルコンケーブとバックフィンの後ろの僅かなVeeにより、このボードは極端に速く、ドライブ性が高い。後部のVeeは、素早いレールの切り替えしを可能にしている。

Gammaのハッキリとしたヒップは小さな旋回半径を与えることにより、より短くワイドなディメンションでも、ハイパフォーマンスボードの一般的なディメンションと同様に乗れる事が可能になっている。このボードは幅広い波やコンディションで優れるオールラウンドボードだ。

ケリー本人によるSNS投稿によると、数々のサーフ仲間にもガンマのテストライドをお願いしてフィードバックをもらったので、グループワークにより完成したモデルとのことです。

リリース時期についてスレーターデザインズのSNSをチェックすると、オーストラリアではすでに購入可能、アメリカでは数週間後から購入可能になるとのこと。

日本でのリリースについては触れられていませんが、近いうちに販売が開始されると思うので、楽しみにしたいですね。

-----

参照記事:「Firewire Japan

-----

スレーターデザインズの関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事