現在のインドネシアにおいてコンペティションシーンでトップの和井田理央「Rio Waida」(21歳)。

バリ島をホームとするインドネシアと日本のハーフサーファーですね。

そんな和井田のハイライトリールと題した動画を、バリ島の波動画を提供しているSOBが公開。

今回の動画は、インドネシアで撮影された和井田理央によるフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


現在世界的に注目を集めている和井田。そのきっかけとなったのは、WSLの「Getting Heated」というコンテンツにあります。

同コンテンツでの質問で「CTに在籍していないサーファーで世界ベストは?」という質問に対し、元CTサーファーで現在はジョンジョン・フローレンスのコーチを務めるロス・ウィリアムスが和井田の名前を挙げたのです。

私も当サイトでこれまでに和井田はインドネシア初のCTサーファーになれる可能性を秘めた逸材と記していて、その理由は若くしてCTサーファーレベルのターンができるため。

サーフィンの主なマニューバは、ターン、バレル、エアリアルの3つで、バレルとエアリアルはコンディションが許さないと難しい一方、ターンはどんなコンディションでも可能なためです。

インドネシアからはこれまでにも世界にトライしたサーファーはいたものの、エアリアルといったパント系が特徴で、ターンが際立ったサーファーはいなかったように思えます。

そのため、アジア人サーファーとしてはニューブリードといった感じで、期待できる存在なのです。

なのですが、これまでにフル参戦したQSの最高位は2017年のQSランク96位と厳しい結果。

このレベルのサーファーになれば、メンタル面のコーチが付けば一気に開花しそうな気がしますがどうでしょうか。

何はともあれ、今後の活躍を楽しみにしたいサーファーの一人なので注目して見て下さい。

和井田理央の過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事