Photo: WSL / JACK BARRIPP

2018年3月28日からウェイティングピリオドがスタートとなるCT第2戦のリップカールプロ@ベルズビーチ。

CT初戦に引き続き、今回もまた11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーターの欠場が発表されました。

今回の記事は、欠場を決めたケリー・スレーターのコメントやリプレイスメント出場となるサーファーに関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


ケリーが足指を骨折したのは昨年2017年7月のJベイ(ジェフリーズベイ)イベント期間中のフリーサーフィン中のこと。

現在までに複数回の手術を行ったものの完治には至っていないことから、ベルズビーチイベントの欠場を決意したそうです。

ケリー本人のコメントは以下の通り。

しっかりとリハビリをして、全力でサーフィンできる状態になるまで待つのがベストだと思ってる。そのタイミングが来たらツアー復帰するよ。

ケリーのリプレイスメント出場となるのは、ワールドツアー初戦でもリプレイスメントとなり、マット”ウィルコ”ウィルキンソンを破る活躍を見せた南アフリカ出身のマイケル・フェブラリーとなります。

Photo: WSL / ED SLOANE

また、ベルズビーチイベントで引退するミック・ファニングのスポットを獲得して、マーガレットリバーイベントから正式にCT入りするのもマイケル。

つまり、マイケルは今季ツアーに全戦出場することが決定しました。マイケルのコメントは以下の通り。

何だか変わった形でツアー入りすることになったね。でも、全ての出来事には理由があるんじゃないかな。

ミックのCT引退イベントとなるリップカールプロ@ベルズビーチは、3月28日~4月8日がウェイティングピリオドとなっています。

-----

公式サイト「Rip Curl Pro Bells Beach

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事