コロヘ・アンディーノ photo:WSL

コロヘ・アンディーノ photo:WSL

現地時間4月10日(オーストラリア)、オーストラリアWA(ウエスタンオーストラリア)州マーガレットリバーを舞台にしたWCT第三戦「ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ(Drug Aware Margaret River Pro)」が開催。

本日の波は、昨日と似たり寄ったりでしたが、時間の経過と共に面が荒れたチョッピーなトリッキーコンディションとなりました。メンズはラウンド3、ウイメンズはラウンド2が終了。

明日からスタートの2016年「ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ」情報

2016年WCT第三戦「ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ」:初日ハイライト

2016年WCT第三戦「ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ」:二日目ハイライト


スポンサーリンク


まずはメンズの情報から。波乱の連続となった本日は、フィジーイベントでの引退を発表したタジ・バロウ、現ワールドチャンピオンのアドリアーノ・デ・スーザ、昨日絶好調だったジョンジョン・フローレンスが早くも敗退。

レオナルド・フィオラヴァンティ photo:WSL

レオナルド・フィオラヴァンティ photo:WSL

特に注目は、ジャック・フリーストーンのリプレイスメント出場となったレオナルド・フィオラヴァンティの活躍。昨日のケリー・スレーターに続き、本日はアドリアーノを破るビッグネームキラーとなっています。

シングルハイエストスコアとなる9.83ポイントを出したのはコロヘ・アンディーノ。本日もエアーに不向きな強いオフショアの中、とんでもないアーリーウープを見せてのスコアでした。

コロヘ・アンディーノの9.83ポイント

コロヘに次ぐハイスコアはセバスチャン”シーバス”ジーツの9.80ポイント。コロヘとは対照的に、本日のコンディションでは王道となる華麗なレールサーフィンでの事でした。

シーバスの9.80ポイント

日本人としては注目の五十嵐カノアvsジョーディ・スミスは、ジョーディが勝利。正直、ジョーディほどのレベルとなると格が違う印象を受けました。

カノアとしては、ジョーディとターンで勝負しても負けると分かっているので、エアリアルを狙いに行きますが、オフショアという悪状況の中ではことごとくワイプアウト。

ターンもしくはエアリアルのどちらかで、WCTサーファーの中でもずば抜けたスキルを身に付けなければワールドタイトル獲得が厳しいことは本人も分かっているはずなので、さらなるトレーニングを積むことでしょう。

五十嵐カノアのラウンド3ヒート9のダイジェスト動画

メンズに続いて開催されたウイメンズのラウンド2。ほぼ順当な結果となったウイメンズでは、シングルハイエストスコアの9.50ポイント、トータルハイエストスコアとなる18.00ポイントをマークしたタイラー・ライトが好調でした。

タイラー・ライトの9.50ポイント

他には、今シーズンは安定した結果を残せていないステファニー・ギルモアが、8.17ポイントをマークしてラウンドアップを果たしています。

ステフの8.17ポイント

今後の波予報は、明日は本日よりも少しサイズダウンしながらもオフショア。その後はオンショアでスモールコンディションとの予報なので、明日は開催すると思います。

その後の予報は、新たなミディアムサイズのスウェルが金曜をピークとして入り、金曜辺りから風向きが再びオフショアに戻る見込みなので、明日の開催後はしばらくレイデイが続く見込みです。

イベント詳細に関しては、下記リンク先の公式サイトをチェックして下さい。

メンズの公式サイト「Drug Aware Margaret River Pro

ウイメンズの公式サイト「Drug Aware Margaret River Pro (W)

本日の結果

メンズ

・ラウンド3

Heat 1: Matt Wilkinson (AUS) 12.00 def. Matt Banting (AUS) 9.27

Heat 2: Joel Parkinson (AUS) 17.40 def. Michel Bourez (PYF) 11.60

Heat 3: Julian Wilson (AUS) 16.90 def. Miguel Pupo (BRA) 9.80

Heat 4: Nat Young (USA) 18.10 def. Taj Burrow (AUS) 14.77

Heat 5: Adrian Buchan (AUS) 15.50 def. Josh Kerr (AUS) 12.90

Heat 6: Leonardo Fioravanti (ITA) 15.60 def. Adriano de Souza (BRA) 15.50

Heat 7: Gabriel Medina (BRA) 14.67 def. Adam Melling (AUS) 13.10

Heat 8: Kolohe Andino (USA) 16.10 def. Wiggolly Dantas (BRA) 11.20

Heat 9: Jordy Smith (ZAF) 18.54 def. Kanoa Igarashi (USA) 14.16

Heat 10: Sebastian Zietz (HAW) 17.73 def. Jeremy Flores (FRA) 16.20

Heat 11: Caio Ibelli (BRA) 16.27 def. John John Florence (HAW) 15.54

Heat 12: Italo Ferreira (BRA) 12.43 def. Alejo Muniz (BRA) 8.23

ウイメンズ

・ラウンド2

Heat 1: Malia Manuel (HAW) 14.10 def. Keely Andrew (AUS) 6.70

Heat 2: Bianca Buitendag (ZAF) 11.83 def. Chelsea Tuach (BRB) 9.00

Heat 3: Tyler Wright (AUS) 18.00 def. Felicity Palmateer (AUS) 14.16

Heat 4: Laura Enever (AUS) 10.10 def. Johanne Defay (FRA) 7.36

Heat 5: Stephanie Gilmore (AUS) 15.10 def. Coco Ho (HAW) 12.67

Heat 6: Sage Erickson (USA) 15.04 def. Alessa Quizon (HAW) 10.66

ハイライト動画
下記画像をクリックしたリンク先からチェックして下さい。
2016 3rd day Margies Pro Highlight

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事