サーフィンする上で最も重要なアイテムであるサーフボード。

日本でアベレージコンディションといったパワーレスな小波用にボリュームのあるボード、グッドコンディション用にハイパフォーマンスボードなど、一般サーファーでも複数本所有することは珍しくありません。

プロサーファーともなれば、仕事道具となるのでどのようなサーフボードを揃えているのかは興味深いところ。

今回の動画は、チッパ・ウィルソン「Chippa Wilson」(31歳)が自身のサーフボードを紹介する映像をお届けします。


スポンサーリンク


世界トップレベルのエアリアルサーファーとして先日開催されたエアショー「スタブハイ(Stab High)」で優勝したチッパ。

エアリアルのイメージが強いのですが、2018年のサーファーアワードで「Best Short」部門を受賞したサーフムービー「Octopus Video No. 4」では、チッパのビッグバレルシーンも話題となりました。

さて、そんなチッパのサーフボードですが、チッパ本人はシェイパーにお任せタイプのようで、誰かにサーフボードの話を聞かれたら「チェックしてみなよ」とサーフボードを手渡すだけとのこと(笑)。

チッパがメインで乗っているのは、マット・ハーワースのMHサーフボード。16年近くに渡って乗り続けているそうです。

ステップアップ(ビッグサイズ向け)用として乗っているのは、トレン・マーティンでお馴染みとなっているサイモン・ジョーンズのボードブランド「Morning of the Earth」。

長さに関してはメインボードが5'6、ステップアップで6'0と全体的に短めのサーフボードに乗っていることが分かります。

チッパにとって遊び用のボードは、世界中で流行しているソフトトップボード(スポンジボード)。

乗っているのはライダーを務めている「Drag」のソフトボードで、スタンドアップボディボードに加え、4'10のドラムスティック(Drumstick)とのこと。ソフトボードでの上手さが群を抜いていて驚かされてしまいます。

スタンドアップボディボードはサーフトリップに持っていき、小波バレルでボディボードをしたり、チッパみたいにスタンドアップしても楽しそうな一本です。

-----

チッパ・ウィルソンの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事