昨年2019年のワールドタイトル獲得により、4×ワールドチャンピオンとなったカリッサ・ムーア「Carissa Moore」(27歳)。

ハワイアンサーファーとしては、故アンディ・アイアンズのワールドタイトル3回という記録を塗り替える快挙となりました。

ハワイ州では1月4日が「カリッサ・ムーア」の日と制定されているくらいですしね。

今回の動画は、WSL(ワールドサーフリーグ)がリリースしたカリッサ・ムーアによるCT(チャンピオンシップツアー)イベントにおけるハイライト映像をお届けします。


スポンサーリンク


ワールドツアー入りする前から、確実にワールドチャンピオンになると言われていたカリッサ。

それほど大注目を集める存在であったウイメンズサーファーは、私がリアルタイムで目にしてきた限りでは、カリッサ以外ではステファニー・ギルモアのみ。

カリッサとステフは共に、若手時代にはウイメンズで敵なしだったので、メンズのイベントに出場していたほど。

また、二人に共通しているのは、ワールドツアー入りする前にワイルドカード出場したCTイベントで優勝しています。

さて、カリッサがワールドツアーに入ったのは2010年からで、初のワールドタイトル獲得に至ったのは2011年のこと。

ワールドチャンピオンに輝いた当時のカリッサは18歳で、今なお史上最年少記録となっています。

現在のCTシーズン終了は12月なのですが、2011年は不景気によりウイメンズツアーのイベント数が少なく8月頭に終了であり、カリッサの誕生日は8月後半なので18歳という記録を残すことになりました。

現在であれば19歳という記録になったにもかかわらず、数字上のインパクトを残したという意味では、やはり何かを持っているスターなのだなと感じます。

ちなみに、メンズワールドチャンピオンの史上最年少記録は20歳で、ケリー・スレーターとガブリエル・メディナが記録保持者。

メンズのCT最終戦となるパイプマスターズのウェイティングピリオド最終日は12月20日で、ガブリエルの誕生日は12月22日なので、ギリギリ20歳という記録。

ガブリエルもまた、カリッサ同様にスターであり、何か持ってると感じてしまいますね。

カリッサに話を戻し、これまでにカリッサがワールドタイトルを獲得したのは、2011年、2013年、2015年、2019年。

ツアーデビュー以来、シーズン中にCTイベント優勝を逃したのは2012年のみ(準優勝2回)で、2012年以外は必ずCTイベント優勝を果たしています。

そんなウイメンズシーンにおける紛れもないトップサーファーの一人であるカリッサ・ムーアのハイライト動画は必見です。

カリッサ・ムーアの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事