blank

via vimeo

サーフィンにおいて波を存分に堪能するには、波のサイズやパワーに合わせたサーフボードを選ぶこと。

コンテストサーファーで常にハイパフォーマンスボードに乗るサーファーもいますが、パワーレスな波であれば浮力のあるボードの方が明らかに有利ですし。

そんなサーフィンを実行しているのが南カリフォルニアのデヴォン・ホワード(Devon Howard)。

今回の動画は、デヴォン・ホワードによるサーフボードの使い分けルールとフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


いわゆるオルタナティブ系ライダーと分類されるであろうデヴォン。

今年の頭にはチャネルアイランズ(CI)とのコラボで、「CI MID」と呼ばれるモダンクラシックなミッドレングスモデルをリリースしています。

そんなデヴォンは、波のサイズに合わせて乗るサーフボードを変えているサーファーの一人。

実際の使い分けについては、波のサイズが南カリフォルニアでは大半となる肩以下の場合は10フィート前後のクラシカルなシングルフィンログを使用とのこと。

肩以上からダブルオーバーヘッドほどへとサイズアップした場合には、7フィート前後のエッグ系のサーフボードに乗るそうです。

実際にどのようなコンディションでどのようなサーフィンを楽しんでいるのかは動画からチェックして見て下さい。

-----

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事