表面の素材が柔らかいことから、体に接触しても安全ということでビギナー向けのサーフスクールなどで使われる事が多かったソフトトップボード(日本ではスポンジボードと呼ばれる事もあります)。

そんなソフトトップシーンには数々のブランドが参入したこともあってか、テクノロジーの発展を競うかのようにソフトトップの特徴と相反するパフォーマンス性能を追求する動きも出てきました。

今回の動画は、ソフトトップのパイオニアであるキャッチサーフのボードに乗るマウイ島のクレイ・マルゾによるフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


安全安心という事でソフトトップボードは最高に思えますが、柔らかいという事は加重時の反応が悪くなります。

当然ながら、硬いものの方が反発力があるので、ソフトトップはあくまでも遊びで、シリアスな時は通常のボード使用がプロサーファーでも基本と言えます。

なのですが、そんなソフトトップでパフォーマンス性能を追求したりと、ないものねだりかのような動きがあるのは興味深いです。

そんな進化を続けるソフトトップに、ハイパフォーマンスサーフィンを得意とするクレイ・マルゾが乗ると言う面白い今回の動画。

実際の結果としては、反発力が弱いと言うことでスピードを出しずらいのか、エアリアルに関しては迫力が欠けてしまいます。

この点は、世界トップのエアリアルサーファーと呼ばれるチッパ・ウィルソンがソフトトップに乗っても同様だったので、言ってみれば想定の範囲内。

ただ、エアー以外のパントであれば、クレイのシグネチャームーブであるブローテールなどは普通にメイクしているので、ソフトトップのポテンシャルの高さを感じてしまいます。

ソフトトップのポテンシャルなのか、単純にクレイが凄すぎるのかは判断が付きませんが…。

-----

クレイ・マルゾの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事