クリードとショーンのビラボンコンビが米国でスポンジボードセッション

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via vimeo

個人的には兄弟といった感じがするオーストラリア出身プロサーファーのクリード・マクタガート(Creed McTaggart)とショーン・マナーズ(Shaun Manners)。

そんな二人が、オーストラリアではなくアメリカを舞台に、ソフトトップ(スポンジボード)でセッション。

今回の動画は、クリード・マクタガートとショーン・マナーズによるソフトトップでの自由なセッション映像をお届けします。


スポンサーリンク



世界的に愛好家が増加しているスポンジボード。プロサーファーがスポンジボードを楽しむ映像が数多く公開されている時代ですからね。

今回の動画では、スポンジボードということでシリアスなサーフィンではなく、フリースタイルなライディングが見所となっています。

また、使用されている音源が印象的で、「America, f@ck yeah」というフレーズが頭から離れません(笑)。

———-

スポンジボードの過去記事

ボー・クラムがキャッチサーフでフィンレスセッション!可能性が広がり続けるスポンジボード
従来のサーフボードの概念を完全に壊してしまったスポンジボードでお馴染みの「キャッチサーフ(Catch Surf)」。 ...
オーストラリア発ハイパフォーマンス向けソフトトップ(スポンジボード)「Mullet Boards」
低価格であり、ボード表面が柔らかくて安全性が高いことから世界的な人気を博しているソフトトップボード(スポンジボード)。 ...
キャッチサーフのスポンジボードでショアブレイクを攻めるイベント@南オーストラリア
現在サマーシーズンを迎えている南半球のオーストラリア。海で遊ぶには最高な時期ですよね。 そんなオーストラリアのSA(サ...