LastNameFirstによるパイプライン/バックドアの昨シーズンセッション

冬になると、ビッグスウェルの押し寄せるシーズンを迎えるハワイ。冬にビッグスウェルが到来する理由は、日本に寒波をもたらす勢力の強い冬型低気圧に...

記事を読む

ソロショット映像を含むフリーサーフ:ブレット・バーリー

米国ノースカロライナ州出身でオニールライダーのブレット・バーリー(24歳)。10代の頃は、コンテストに参戦していたのですが、なかなか成功をお...

記事を読む

サーフィンや観光と魅力詰まったケープタウンを空撮するとサメの姿も

手軽な価格で道具を揃えられることから、プロのフォトグラファーのみならず、一般レベルにまで浸透するようになったドローン撮影(ラジコンヘリを使っ...

記事を読む

ビッグウェイブサーファーによるベストライディング集

文字通り、命懸けでチャレンジするビッグウェイブサーフィン。これまでも、素晴らしいセッションの映像をお届けしましたが、今回は世界中でビッグウェ...

記事を読む

NO IMAGE

コンテストシーズン終わりに開催されるトリプルクラウンとは!?

毎年、コンテストシーズンの最終地となっているのが、サーフィンの聖地であるオアフ島ノースショア。そのノースショアにおいて、今年2014年は11...

記事を読む

木製サーフボード作りに没頭するサーファー/シェイパー:ダニー・ヘス

8歳の時にベンチュラでサーフィンを始め、16歳からシェイピングに目覚めたダニー・ヘス(39歳)。現在はサンフランシスコで暮らし、ビッグスウェ...

記事を読む

ニカラグアでフリーサーフ:エリック・ガイゼルマン

波はあまり良くないにもかかわらず、ケリー・スレーターというとんでもない存在を輩出したフロリダ出身のエリック・ガイゼルマン。エリックの過去記事...

記事を読む

メンタワイ諸島でのフリーサーフ:レオナルド・フィオラヴァンティ

イタリア出身でクイックシルバーライダーのレオナルド・フィオラヴァンティ。世界中を飛び回るライフスタイルを送るレオナルドが、最もトレーニングで...

記事を読む

リップカール・プロ・ポルトガル最終日に行われていたアナザーセッション@2014

先日お届けした記事「リップカール・プロ・ポルトガル最終日に行われていたスラブセッション」。実はこの日、他のサーフスポットでもスーパーセッショ...

記事を読む

アシンメトリーでGランドセッション:ライアン・バーチ

1980年、ツインフィンが主流だった時代にスラスター(ハイパフォーマンス向け3フィン)を考案し、自らスラスターに乗って世界6位となったサイモ...

記事を読む

環境に優しいエアウェイブの設置でパーフェクトウェイブを作れるのか!?

サーフィンで波のクオリティを左右する地形。ビーチブレイクでは、ボトムが砂であるため、英語でサンドバンクやサンドバーと呼ばれているものです。こ...

記事を読む

シーズン最後のウインタースウェルがブレイクするスケルトンベイ:デール・ステイプルズ

今年になって急激にメディア露出が目立つようになったナミビアのスケルトンベイ。世界屈指のスーパーロングバレルのレフトハンダーの同スポットで、ベ...

記事を読む

NO IMAGE

2014年度ASPのWQSウイメンズランキングレースの状況(10/27時点)

先日、ワールドツアーにおけるタイトルレースのシナリオをお届けしました。そこで、今回はワールドツアーの2次リーグとも言えるWQS(World ...

記事を読む

マジシャンサーファーによるオフザリップ・キックフリップのメイク映像

マジシャンサーファーことカリフォルニア州サンタクルズ出身のゾルタン・トルコス。サーフィンでのキックフリップ成功を目指し、並々ならぬ情熱を抱き...

記事を読む

リップカール・プロ・ポルトガル最終日に行われていたスラブセッション

リップカール・プロ・ポルトガルのウェイティングピリオド中、ストームの影響で、スウェルはあるものの、風に悩まされていたスーパーチューボス。しか...

記事を読む

パーティー気分の緩いサーフイベント「コムネ・バリ・プロ」

昨シーズンのワールドツアーでは、ツアー会場となって大いに盛り上がったバリ島クラマス。ワールドクラスのライトハンダーがブレイクするサーフスポッ...

記事を読む

ドリームワールドに生きるジョンジョン・フローレンス

ワールドツアーでの伸び伸びしたサーフィンを見ていると、本当に好きなことを仕事にしていると感じられるジョンジョン・フローレンス(22歳)。そこ...

記事を読む

サーフボードを3ピースに破壊するほど荒れたケリーの動機とは!?

リップカール・プロ・ポルトガルのラウンド3で敗退したケリー・スレーター。ヒート終了後、ロッカールームに戻ると、突如としてサーフボードを地面に...

記事を読む

ヨーロッパのビッグウェイブサーフシーンを取り上げたサーフムービ製作中のアンドリュー・コットン

最近では、国内外問わずに一般的となってきたアスリートによるクラウドファンディング。コンテストサーファーであれば、遠征費集めがメインですね。他...

記事を読む

NO IMAGE

2014年度ASPのWQSメンズランキングレースの状況(10/24時点)

先日、ワールドツアーにおけるタイトルレースのシナリオをお届けしました。そこで、今回はワールドツアーの2次リーグとも言えるWQS(World ...

記事を読む