Photo: WSL

2019年5月13日(インドネシア)、バリ島クラマスをメイン会場とするCT(チャンピオンシップツアー)第3戦がスタート。

メンズとウイメンズ共にイベント名は「Corona Bali Protected(コロナ・バリ・プロテクテッド)」。

ウェイティングピリオド初日の本日、メンズとウイメンズのラウンド1が開催されました。

今回の記事は、コロナバリのイベントレポート、動画、今後の波予報などといったイベント情報をお届けします。


スポンサーリンク


Corona Bali Protected(メンズ)

今回のイベント期間でも最も波があると予報されていたウェイティングピリオド初日だったので、風の影響が少ない午前はメンズからスタートとなった本日。

本来のクラマスとは言えないコンディションではあったものの、CTサーファーが乗ると、やはりグッドウェイブに見えてしまうのが不思議なところ。

初日ということでラウンド1(シーディングラウンド)は敗者が出ないので、注目のポイントだけをピックアップ。

残り1枠あったワイルドカードは、ローカルワイルドカードということで、インドネシア人サーファーの中で最もQSランクが高い19歳の和井田理央が選ばれることに。日本人とインドネシア人のハーフです。

その和井田ですが、まさかまさかの2×ワールドチャンピオンのガブリエル・メディナを抑え、トップ通過を決めました。

以前にクイックシルバーのヤングガンに選ばれたりと注目はされていたものの、サーフファンなら誰もが驚かされた活躍でしょう。

本日のシングルハイエストスコア9.00とトータルハイエストスコア16.17をマークしたのは、小波最強サーファーの呼び名が懐かしくもあるフィリペ・トレド。

パワーレスな小波であろうが最大限に加速して、フルローテーションまで回すエアリバースは誰にも真似できないスキルなだけに、ジャッジもエクセレントレンジを出さざるを得ないといった感じだったのではないでしょうか。

次にイベントがオンのコールがされると、いよいよイベント敗者が出てくることになるので、これからが本番と言った感じですね。

本日の結果

今後のヒート表

Corona Bali Protected(ウイメンズ)

メンズのラウンド1終了後に開催となったウイメンズのラウンド1。ここまで急いで開催している様子を見ると、いかに今後の波が期待できないのか分かります。

正直言ってコンディションは良くなかったので、ウイメンズのラウンド1にしてもかなりの番狂わせが発生。

クラマスのようなアクション系の波を得意とするシルヴァナ・リマ、カリッサ・ムーア、コートニー・コンローグが敗者復活戦となるラウンド2送りとなりました。

本日のシングルハイエストスコア7.83とトータルハイエストスコア14.13をマークしたのは、サリー・フィッツギボンズでエアリバースもメイク。

ツアー初戦からエアゲームを積極的に取り入れているサリーを見ていると、東京五輪の会場である志田下のコンディションを見据えているのかなといった印象を受けます。

本日の結果

今後のヒート表

ハイライト動画

波予報

明日14日も本日と似たようなコンディションとなり、イベント開催の可能性は極めて高いです。

その後はスウェルがダウンしていき、18日に新たなスウェルが入るものの、サイズはフェイスで4~5フィートといった予報となっています。

まとめ

日本とバリ島の時差は1時間で、日本の方が1時間進んでいます。

現地時間の午前7時にイベント開催の場合、日本時間は午前8時となります。

-----

公式サイト(メンズ)「Corona Bali Protected

公式サイト(ウイメンズ)「Corona Bali Protected

公式サイト「Red Bull Airborne Bali

コロナバリの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事