via vimeo

レユニオン島出身でヴァンズライダーのエイドリアン・トヨン「Adrien Toyon」(29歳)。

グーフィーフッターのエイドリアンと言うことで、お気に入りはフロントサイドとなるレフトのバレル。

レフトのロングバレルで、今なお世界トップレベルと言えるブレイクは、インドネシアのロンボク島に位置するデザートポイントですね。

今回の動画は、エイドリアン・トヨンによるデザートポイントでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


レユニオン島出身で、現在はフランスを拠点にするエイドリアン。ジェレミー・フローレスなんかもフランスを拠点にしていて、世界を飛び回る上でアクセスが良いためでしょう。

とは言うものの、デザートポイントまでのアクセスは非常に長い道のりになったとか。

エイドリアンがSNSに投稿した今回のトリップの感想は以下の通り。

この投稿をInstagramで見る

When I was a teenager growing up on reunion island, some friend told me « you should go to desert point » well, now more than 10 years later, I know what he ment! This was the best time I had on a surf trip in a wile. . . . Even if it’s not the easiest surf spot to go to form France, I really enjoyed every bit of it. It took me 4 flights, 4 h drive and 6h of ferry to get there, more or less 36 hours of travels ! Almost didn’t sleep in two days, but I swear that as soon as i saw the wave, I had as much motivation and energy as a 14 years old grom ! One of my dream came true last month. . . . Full edit in my bio . Wanna send a special shout out to Kylian Castells, Raquel, and Budi for the welcome . 📹 @kyliancastellsdelavega

Adrien Toyonさん(@adrientoyon)がシェアした投稿 -

レユニオン島で暮らしていた10代の頃、サーフ仲間から一度はデザートポイントに行くべきだよって言われてたんだ。

あれから10年以上の月日を経てやって来て、ようやくあの時の言葉の意味を理解できたね。

ここ最近のサーフトリップの中でも、ベストな時間を過ごすことができたから。

ただ、フランスからのアクセスは並大抵じゃなかった。4回のフライト、4時間のドライブ、6時間のフェリーで、移動だけで36時間前後かかったし。

移動の丸2日間はほぼ寝れなかったけど、デザートポイントの波を見た瞬間にまるで14歳のグロムみたいにテンションが上がってエネルギーが満ち溢れて来たよ。

夢の一つを実現したって感じだね。

波だけではなく、アクセスもハードであればあるほど深く記憶に刻まれるサーフトリップ。

その先にパーフェクトウェイブが待っていたともなれば、サーファーならば堪りませんね!

エイドリアン・トヨンの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事