世界的に一過性のブームを超え、サーフボードの一つのジャンルとして確立されたと言えるスポンジボード。

日本語ではスポンジボードと呼ばれることが多いですが、英語では「ソフトボード」や「ソフトトップ」と呼ばれていて、正式には「ソフトトップサーフボード」。

そんなソフトトップの現在の流れは、パフォーマンス性能との両立というのが各ブランドのテーマとなっていますね。

今回の動画は、ソフテック(Softech)によるフィリペ・トレドのシグネチャーモデル「ワイルドファイヤー(Wildfire)」をフィリペ本人が乗るフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


ソフトボードと言えばお馴染みなのが先駆者のキャッチサーフで、キャッチサーフが世界で爆発的に売れたことから続々と競争が激化。

当初のソフトボードと言えば、ボード表面(トップ)がソフトであることから、サーフスクール用ボードやお遊び用がメインでした。

しかし、安全面が高い上にパフォーマンス性能を追求するというのが昨今の流行。

ただし、通常のパフォーマンスボードと一線を画しているのはサーフボードのボリュームにあります。

今回のフィリペモデルで言えば、フィリペが乗っているのは5'3"という短いタイプですが、ボリュームは32リッターとかなりありますし。

つまり、パフォーマンス性能を高めているものの、シリアスではなく楽しく遊べるボードというテーマが根底にあることが分かりますね。

サーフボード価格が抑えめな設定であることから、一般サーファーの遊び用としてはもちろんのこと、個人的にはこれからサーフィンを始めようと思うビギナーの選択肢はソフトボード一択ではと感じてしまいます。

-----

フィリペ・トレドの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事