今年2019年シーズンは怪我によりCT(チャンピオンシップツアー)を5戦連続で欠場したイタリアのレオナルド・フィオラヴァンティ「Leonardo Fioravant」(22歳)。

マーガレットリバーイベントでのフリーサーフィン中に肩を痛め、マーギーズプロを棄権する事になったのがツアー離脱の始まりでした。

しかし、実際のストーリーについてはあまり知られていません。

今回の動画は、レオナルド・フィオラヴァンティの負傷前からワールドツアー復帰後までを追ったレッドブルによるドキュメンタリー映像をお届けします。


スポンサーリンク


五十嵐カノアと共に、幼い頃からクイックシルバーの若手ライダーとしてグロム時代から注目されていたエリートサーファーのレオ。

弱冠16歳であった2014年シーズンのQSでは最終的にQSランク28位となり、トリプルクラウンの結果次第ではメンズの史上最年少CT入りまで目前の結果を残したほどです。

翌2015年はCT入りの期待が大いにあったものの、シーズンスタートとなるパイプラインでのQSイベントで負傷し、しばらくサーフィンから離れていました。

そして今シーズンも再びの負傷。事の始まりは、CTシーズンスタート前に開催されたニューカッスル(オーストラリア)でのQSイベントでのこと。

エアリアルの着地でレイバックの体勢となり、スープのパワーで立ち上がろうとした時にスープがレオの肩を痛めることに。

医師による診断では、手術をせずに放置していたら90%の確率で再び肩を脱臼すると言われたものの、レオとしてはワールドツアーがスタートするタイミングとあり、手術を避けて物理療法に専念。

スナッパーロックス、ベルズビーチ、バリ島クラマスまでは何とか誤魔化しながら過ごしたものの、マーガレットリバーのザ・ボックスでのフリーサーフィン中に時限爆弾が破裂。

そこからは避けては通れない手術を受け、レオにとって4カ月ぶりの復帰戦となったのは大陸的にはホームと言えるフランスでのCTイベント。

そのフランスCTイベントでは、復帰戦でありながら3位と言う好成績を残し、ヨーロピアンファンをストークさせる結果を残しました。

実際にどのような道のりをレオが辿ってきたのか、動画からチェックして見て下さい。

レオナルド・フィオラヴァンティの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事