昨年9月はまさかの来日となった11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーター「Kelly Slater」(47歳)。

来日理由がアマチュアイベントと分類されるISAワールドサーフィンゲーム出場のためで、プロとしてワールドツアーで10代の頃から活躍してきたケリーとは対極の存在と言えるイベントですからね。

出場理由は、みなさんご存じの通りオリンピック選考を兼ねたイベントであり、オリンピックに出場したいのならば出場義務があったためです。

今回の動画は、ISAが公開した同イベントにおけるケリー・スレーターのライディング特集映像をお届けします。


スポンサーリンク


47歳というコンテストサーフィンにおいて圧倒的年長者でありながら、イベントでは大活躍したケリー。

メインラウンドでは準決勝まで勝ち上がり、準決勝で敗退後にリパチャージに出場して敗退となりながらも5位と言う結果ですから。

活躍以外で話題となったのは、コンテストサーフィンにもかかわらず、ほぼほぼツインフィンに乗ってヒートに出場していた点(笑)。

コンテストの主流は今なおスラスター(3フィン)で、その理由としてはフィンはターンの支点となり、スラスターはセンターフィンがあることで縦の動きがしやすくなり、逆にセンターフィンのないツインフィンなどは横の動きを得意とします。

コンテストでは波のフェイスを一切無駄にせずにパフォーマンスをする必要があるため、縦の動きを求められることからスラスターが一般的。

にもかかわらず、ツインフィンに乗ってあれよあれよとケリーは勝ち上がっていったのですから、まるでとんでもない実力差を見せつけたと言えますね。

そんなケリーによるISAイベントでのハイライト動画をチェックして見て下さい。

2019年ISAイベントの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事