CT(チャンピオンシップツアー)イベントの舞台裏を映し出す人気企画「No Contest」。

レッドブルとスタブ誌が共同でリリースしているシリーズ動画です。

通常であればCTイベント終了後にリリースとなり、今年は新型コロナウイルスの影響からツアー自体が異例の自粛状態でストップしているものの、スナッパーロックス編が公開となりました。

今回の動画は、残念ながらキャンセルとなってしまったCT初戦会場のスナッパーロックス周辺をフィーチャーした「No Contest」をお届けします。


スポンサーリンク


通常であればCTイベント自体がキャンセルと言うことで、制作できなかったはずの「No Contest」シリーズ。

でしたが、WHOが新型コロナウイルスのパンデミック認定したのは3月12日で、WSLがイベント自粛を発表したのは3月13日。

そしてCT初戦のウェイティングピリオド設定が3月26日~4月5日。

すでに同シリーズの撮影班は現地入りしていて、CTサーファーの一部も会場入りしていたことから撮影可能になったと言います。

そこで気になるのは、ここ数年のイベント期間は波を外していることが多い印象のあるCT初戦。

もしも今年開催されていたらどうなっていたかと言うと、ジャック・フリーストーン曰く「過去一番のコンディションになったんじゃない」とのこと。

興味深い話題としては、新型コロナウイルスの感染予防のため、欧米人同士の挨拶では一般的なハグというカルチャーが変化したと言う点。

ハグをするということは密着することなので、感染防止として新たな挨拶方法は、拳や肘を突き合わせての挨拶だとか。

サーファーによっては、ハワイでお馴染みのシャカのポーズを取ったり、手を振ったりといったジェスチャーも。

その他の内容としては、恒例となっている現地の物価情報やフリーサーフィンと見所満載の内容となっています。

2019年「No Contest」の過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事