Youtubeで毎月リリースされている米サーファー誌による月間ベスト10クリップ。

前月のオンラインサーフムービーを手軽に振り返ることができるだけでなく、トップ10ということでインパクトのあるライディングの連続とエキサイティングな内容です。

今回の動画は、新たに公開された米サーファー誌による2020年6月のベスト10動画をお届けします。


スポンサーリンク


国境を超えた移動に関しては制限を掛けられているケースが多いため、基本的にはローカルサーファーによるホームブレイクでのライディングが大半となっている6月のベスト10動画。

5月に引き続き、6月もトップに立ったサーフスポットは現在シーズンとなっているタヒチのチョープー。

チョープー以外には、インドネシアのバリ島やブラジルといった南半球のサーフエリアがメインとなっています。

1. マタヒ・ドローレ:チョープー(タヒチ)

2. ギルバート・ティーヴ:チョープー(タヒチ)

3. リー・ウィルソン:クラマス(バリ島)

4. ヤゴ・ドラ:フロリアノポリス(ブラジル)

5. ジョアン・チアンカ:サクアレマ(ブラジル)

6. カウリ・ヴァアスト:チョープー(タヒチ)

7. ケリー・スレーター&トリー・メイスター:ローワーズ(カリフォルニア)

8. ケヴィン・シュルツ:BSRサーフリゾート(テキサス)

9. イーサン・オズボーン:パームスプリングス・サーフクラブ(カリフォルニア)

10. ジョシュア・モニーツ:BSRサーフリゾート(テキサス)

サーファー誌の2020年月間ベスト10過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事