現在は北半球がサーフシーズンを終えてしばらく経ち、サーフシーズン入りした南半球はちょうどシーズン中盤といったところ。

このくらいの時期になると、シーズンを終えたエリアから昨シーズンのシーズンハイライトとなる動画が公開されるようになります。

その流れに沿い、ハワイアンサーファーのココ・ホー「Coco Ho」(30歳)がシーズンハイライト動画をリリース。

今回の動画は、ココ・ホーによる2020/2021年シーズンのハワイのオアフ島ノースショアでのダイジェストとなるフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


父親はマイケル、叔父はデレク、兄はメイソンというエリートサーフィン一家のもとで育ったココ。

ココ本人もエリートサーファーの一員として、コンテストサーフィン最高峰のCT(チャンピオンシップツアー)サーファーへと上り詰めました。

ココがCTサーファーとして活動したのは2009年から2019年までの11年で、過去5年ほどはCTランクでのツアー残留ができず、QSランクからの残留を果たしていました。

でしたが、2019年はQSイベントには2戦しか出場しなかったことから、おそらくコンテストサーフィンを引退することに決めていたのかもしれません。

現在のココはと言うと、CTを運営するWSL(ワールドサーフリーグ)の「Getting Heated」という動画コンテンツでホスト役を務めています。

そんなココによるシーズン中のハワイでのハイライト動画ですが10年以上もCTに在籍していたサーファーだけあり、サーフィンは当然メチャクチャ上手いです。

オアフ島ノースショアがホームということでウイメンズには珍しくバレルも上手いので、CTイベント会場でコンパクトバレルの会場が多ければ、よりココが活躍したのではと感じさせられます。

ココ・ホーの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事