ちょうど10シーズンに渡ってCT(チャンピオンシップツアー)サーファーとして活動していたハワイアンのココ・ホー「Coco Ho」(31歳)。

2019年シーズンにリクオリファイを逃し、その後の2021年シーズンはWSLがココがツアー返り咲きを目指して臨んだCS(チャレンジャーシリーズ)イベントに密着したシリーズ動画もありました。

でしたが返り咲きは果たせず、今季はすでにCSイベントもスポット参戦と距離を置いています。

今回の動画は、ココ・ホーによるインドネシアのメンタワイ諸島サーフトリップ映像をお届けします。


スポンサーリンク


8月終わり辺りからインドネシアを訪れている様子をSNSで公開していたココ。

インドネシアのピークシーズンは7~8月なので、まさにベストタイミングを狙ってのトリップですね。

メンタワイ諸島を訪れたのは数年振りと言うココが滞在したのは、HTやランスライトの名前で知られるブレイクを眺めることのできるHT’sリゾートとのこと。

プロサーファーの定宿としてはカンドゥイリゾートが非常に有名ですが、HT'sリゾート派のプロもちょこちょこいます。

動画の主な撮影地は滞在先の目の前に位置するランスライトで、ターンからバレルとプロにとっても堪らない波がブレイクしています。

ココ以外には、ゾーイ・マクドゥーガル、サクソン・リバー、リアム・ターナーが出演しています。

最後に、動画のタイトルになっている「MO' MENTS」の「Ments」はメンタワイ諸島の超省略系。

本来は「Mentawai Islands」が正しい表記ですが長いので、英語では後方の単語を省略すると前方の単語の語尾に「s」を付けて補うパターンが多くて「Mentawais」となります。

ただ、これでも長いと言えるのでさらなる省略として「Ments」と呼ばれることがよくあります。

ココ・ホーの今年の過去記事

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事