本日9月1日に開催予定となっていた招待制ビッグウェイブイベント「リップカール・カップ・パダンパダン(Rip Curl Cup Padang Padang)」。しかし、最終的に本日はキャンセルとなり、今年の開催は見送られることとなりました。

バリで9月1日開催予定のビッグウェイブイベント「リップカール・カップ・パダンパダン」


スポンサーリンク

今年の同イベントは、何とか開催させようとウェイティングピリオドを一日延長するという異例の措置を取りました。また、昨日の時点で、トム・カレン、ジェイミー・オブライエン、クリス・ワードといった普段ならほとんどコンテストで姿を見ることのないサーファーも集結。

昨日午後には、予想されていたソリッドスウェルも入り始め、エクスプレッションセッションが開催されていました。ここまで来ると、誰もが開催間違いないと思いますよね。運営陣もゴーサインを出していたし。

しかし、残念なことに、本日になってもスウェルは昨日以上にサイズアップすることがなく、運営サイドはキャンセルという苦渋の決断を下すこととなりました。

ちなみに、今朝のサイズは4~5フィート。通常のコンテストならば、これ以上ないサイズですが、同イベントはビッグウェイブ専門のイベント。最低でも、ダブルオーバーヘッドほどにあたる6フィートは必要だったとのことです。

今シーズンは、6月末に10年に一度と言われるスウェルがパダンにも入っていたので期待していたのですが・・・。

パダンパダンのビッグサーフ&バリのサーフィンメカニズム

非常に残念ではありますが、「波がエピック(epic:最高)コンディションになった時のみ開催」の信念を貫いたので、また来年2016年の開催を楽しみにするしかないですね。

下記動画は同イベントサイトからアップされたトム・カレンの動画

トム・カレンの過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

Jベイでボードのテストライド:トム・カレン

メキシコで昔と変わらぬスタイリッシュなサーフィンを見せるトム・カレン

ビッグスウェルと共に再び宮崎へと舞い戻って来たトム・カレン

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事