Photo: WSL / KELLY CESTARI

今年2019年シーズンをワールドツアー最後の年にすると言われている11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーター「Kelly Slater」(47歳)。

そのケリーがなんと、ゴールドコーストでのCT初戦開催前にオーストラリアで行われるQS6,000イベント「Vissla Sydney Surf Pro」への出場を表明。

今回の記事は、ヴィスラプロ出場を決めたケリー・スレーターによるコメントなどをお届けします。


スポンサーリンク


ここ数年、オーストラリアで開催されるQSイベントに出場することのなかったケリー。2012年に西オーストラリアで開催されたQSイベント「ドラッグアウェアプロ」出場以来となります。

そんなケリーが今回出場を表明したイベントはタイトルスポンサーの移り変わりによりイベント名は変化していますが、マンリービーチ開催として1997年に優勝経験のあるイベント。

また、マンリービーチを含めたシドニーのノーザンビーチというエリアはケリーにとって馴染み深い場所でもあります。

ノーザンビーチはお気に入りのエリアで、かつては15年ほど年間の一定期間暮らしていたこともあるんだ。懐かしい場所だから、馴染み深いエリアに戻れるのが楽しみだよ。

それと、1年半近くコンテストから離れていたから、フルタイムでのワールドツアー復帰前のウォーミングアップに良いんじゃないかなって思ってる。

ケリーにとって出場する必要のないイベントでありながら、忙しいスケジュールの中で出場を決めたということは、それだけ今季ワールドツアーに向けて本気であることの現れのように思えますね。

ちなみに、CT(チャンピオンシップツアー)サーファーには、WSL(ワールドサーフリーグ)規約により一部QSイベントへの出場が義務付けられています。

CT歴10年未満のサーファーの場合、自身のリージョンにおけるQS10,000イベント(QS10,000イベントがない場合はQS6,000イベント)、そして他のリージョンのQS10,000イベントと最低で2つのQSイベントに出場する必要があります。

CT歴10年以上になると出場要件は1イベントのみに緩和され、自身のリージョンのQS10,000イベント、またはリージョン内でQS10,000イベントがなければQS6,000イベントもしくは他のリージョンのQS10,000イベントとなります。

上記ルールによりQS6,000イベントながら、多くのオージーCTサーファーがヴィスラプロに出場するのはもちろん、オージー以外のCTサーファーもCT初戦前のウォームアップとして多数出場。

さらには、CT入りを目指す若手オージーにとっては、遠征費の安い国内ハイエストグレードのQSイベントなので出場しないはずもないので、ハイレベルな戦いとなります。

47歳のケリーから10代の若手まで出場するヴィスラプロ。エキサイティングな同イベントのウェイティングピリオドは3月18~24日となっています。

-----

公式サイト「WSL

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事