オーマ(Oma)によるサイクロンスウェルが大炸裂となっていた先日までのゴールドコースト。

一般サーファーからしてみれば、怖ろしいまでに大きく口を開いたビッグバレルはただのクローズアウトで恐怖でしかないのですが…。

今回の動画は、ゴールドコーストのオーマセッションの総集編と言えるフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


現在サイクロンシーズンとなっているオーストラリア。例年、早ければ1月頃にサイクロンスウェルがヒットすることもありますね。

そんなゴールドコーストでスナッパーロックス、キラ、カランビン、バーレーヘッズなど数々のメジャースポットにスウェルをもたらしたオーマ。

CTイベント初戦開催のタイミングでスウェルが入り始めてくれれば良かったんですが、自然相手なのでそうは行きませんね。

折角のビッグスウェルなのでトッププロが見逃すわけもなく、昨シーズンにCTを引退したばかりのミック・ファニングとジョエル”パーコ”パーキンソンも連日のサーフィン。

そんな今回のサイクロンスウェルセッションでは、ジャック・フリーストーンがベストウェイブをキャッチしたとも言われていますね(動画は下記)。

View this post on Instagram

This morning | @billabong | @js35

Jack Freestoneさん(@jackfreestone)がシェアした投稿 -

元ワールドチャンピオンのミックやパーコ、今季CT返り咲きとなるジャックなども出演している今回のオーマセッション動画は必見です。

サイクロン「Oma」の過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事