明日2019年10月16日からウェイティングピリオドに入るポルトガルのペニシェを舞台にしたメンズCT第10戦&ウイメンズCT第9戦。

今回のイベント名は男女共に「MEO Rip Curl Pro Portugal(メオ・リップカール・プロ・ポルトガル)」となっています。

ウェイティングピリオドの設定は、10月16~28日までの13日間。

今回の記事は、2019年ポルトガルCTイベントの出場サーファー、波予報、予告編動画などといったイベント情報をお届けします。


スポンサーリンク


出場サーファー(メンズ)

今イベントを欠場するCTサーファーはフランス同様、ジョンジョン・フローレンス、アドリアーノ・デ・スーザ、マイキー・ライトの3名。

と言うわけで、ワイルドカードの2枠を合わせ、今回もCTサーファー以外から5名のサーファーが参加となります。

すでに出場が決定しているのは、リプレイスメントのカイオ・イベリとフレデリコ・モライス。

残り3枠については発表されていませんが、おそらくヨーロピアン勢のQSサーファーがメインとなるのではないでしょうか。

出場サーファー(ウイメンズ)

ウイメンズで欠場するCTサーファーはタイラー・ライト。このままだと、おそらくタイラーは今シーズンの全イベント欠場となるので、現状についてが気になるところです。

タイラーのリプレイスメントとなるのは、いつも通りのキーリー・アンドリューです。

ワイルドカード出場となるのは、イベントスポンサーであるリップカールライダーのアラナ・ブランチャード。

アラナのCTイベント出場は、昨シーズンの最終戦であるマウイプロ以来となります。

波予報

ウェイティングピリオド初日となる16日、そして翌日の17日は風がオンショア予報となっているので、予報通りならばレイデイ(Layday:イベントのオフ日)となるでしょう。

18日は波のサイズがフェイスで5~8フィートで風向きは良くなる見込みなので、イベントがオンになる可能性は高いと見られます。

まとめ

日本とポルトガルの時差は8時間で、日本の方が8時間進んでいます。

現地時間の8時にイベント開始の場合、日本時間は同日の16時となります。

-----

公式サイト(メンズ)「MEO Rip Curl Pro Portugal

公式サイト(ウイメンズ)「MEO Rip Curl Pro Portugal

2018年リップカールプロ@ポルトガルの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事