長年トップサーファーとしてワールドツアーで活躍してきたジュリアン・ウィルソン「Julian Wilson」(32歳)。

残念ながら2021年シーズンをもって一旦ワールドツアーから離れると発表しましたね。

ツアーから離れることでフリーサーファーとしての活動を宣言していて、現在のホームであるミアウェザーでの最近のフリーサーフィン動画を公開しました。

今回の動画は、サーフシーズン終盤のミアウェザーで撮影されたジュリアン・ウィルソンによるフリーセッション映像をお届けします。


スポンサーリンク


ジュリアンと言えばQLD(クイーンズランド)州のサンシャインコーストがホームですが、現在の拠点となっているのはNSW(ニューサウスウェールズ)州のミアウェザー。

ミアウェザーはジュリアンの奥さんのホームで、子供が生まれてからはジュリアンがオーストラリアを離れている時のことを考えて奥さんのホームへと拠点を移しています。

以前にサンシャインコーストの豪邸売却の話題もありましたね。

そんなジュリアンによる今回のミアウェザーでのフリーサーフィン動画ですが撮影されたのはSNSをチェックする限り、おそらく9月7日のこと。

オーストラリアは南半球ということで、そろそろサーフシーズンも終盤と言った時期ですね。

MSWで9月7日の波情報をチェックして見ると、前日から大きくサイズアップしたミアウェザーでは、7日午前9時で6~9フィートだったとのこと。

動画を見ると相当なまでのヘビーコンディションであることが分かり、非常に見応え溢れる内容となっています。

ジュリアン・ウィルソンの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事