トップフリーサーファーのデーン・レイノルズの動画プラットフォームとなっているサイト「CHAPTER 11 TV」。

同サイトのYoutubeチャンネルからシリーズ動画となる「SHIT WAVES」がリリースとなりました。

記念すべき初回にフィーチャーされているのはイーサン・オズボーン「Eithan Osborne」(20歳)。

今回の動画は、イーサン・オズボーンによるフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


「Shit Waves」というタイトルは、日本語では直訳といった感じとなる「クソ波」という意味になります。

ただ、クソ波の定義は非常に難しいのですが…。

一般的には、波のサイズが小さく、風の影響を受けてフェイスがガタガタになっているようなコンディションを指すでしょう。

ですが、全てのサーファーにとってオフショアのグラッシーコンディションが理想とも言えないのです。

例外となるのはエアリアルサーファーで、エアーをする上で有利になるエアウインドは波のショルダー側から吹くサイドショア。

この風向きだと、リップから飛び出した時にサーフボードのボトム面に風が吹きつけるため、サーフボードと足が離れにくなるのです。

つまり、エアリアルのメイク率が上がることになるので風を利用しますね。

風が強い島であるマウイ島のアルビー・レイヤーやマット・メオラが世界初となるエアリアルをメイクする時は、必ずかなり強めのサイドショアが吹いているコンディションですし。

さて、今回の動画ではエアリアルで名を売ったイーサンをフィーチャーしているので、一般的にはクソ波でも、イーサンには最高なエアウインドコンディション。

サーフィンが上手くなればなるほど、楽しめるコンディションの幅が広がるというわけです。

イーサン・オズボーンの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事