先日ニューカッスル(オーストラリア)のメアウェザーで終了したQS5,000のサーフェスト。

今年からオーストラリアでもチャレンジャーシリーズイベント(旧QS10,000イベント)が開催となります。

そのため、QS5,000はハイエストグレードイベントではないものの、昨年まではフィーチャーしていたためか、今シーズンのスネークテールズがサーフェストからスタート。

今回の動画は、サーフェストをフィーチャーしたスネークテールズのメアウェザー編をお届けします。


スポンサーリンク


元CTサーファーのスネークこと、ジェイク・パターソンをコーチとして、QSサーファーとイベントを転戦するスネークテールズ。

スネークがもともとクイックシルバーライダーであった事から、当初は対象となるサーファーはクイックライダーでした。

しかし、スネークの指導を受けた五十嵐カノア、レオナルド・フィオラヴァンティ、イズキール・ラウ、グリフィン・コラピントが続々とCT入りを決めることに。

となると、スネークのコーチとしての評判はうなぎ登りとなり、今ではスポンサーの垣根を超えたチームとなっています。

今年はさらにサーファーの数が増え(今季も大原洋人は参加しています)、10代と言う若いサーファーもチームに加わっての参戦となりました。

でしたが、結果が振るわなかったサーフェスト。各サーファーの結果は以下となっています。

大原洋人:49位
イーサン・ユーイング:25位
イズキール・ラウ:37位
イーサン・オズボーン:25位
クロスビー・コラピント:37位
カデ・マトソン:121位
ジェット・シリング:49位
コール・ハウシュマンド:49位

2019年スネークテールズの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事