インドネシアのジャワ島GランドでのCT(チャンピオンシップツアー)イベント中に膝をひねってしまい、キャリアとしては4度目の膝負傷でツアー離脱していた2×ワールドチャンピオンのジョンジョン・フローレンス「John John Florence」(30歳)。

そんなジョンジョンが、自身のホームであるハワイのオアフ島ノースショアのハレイワで開催となるCS(チャレンジャーシリーズ)最終戦「ハレイワチャレンジャー」にてコンテスト復帰を果たすことに。

CTサーファーによるCSイベントでのコンテスト復帰は、先日のガブリエル・メディナと同様ですね。

今回の動画は、昨年のハレイワチャレンジャーにてジョンジョン・フローレンスがマークしたエクセレントレンジ(8~10ポイント)のライディング特集をお届けします。


スポンサーリンク


ジョンジョンにとってはホームブレイクの一つと言えるハレイワ。

そんなハレイワはオープンフェイスでのターンが大きな見せ場の一つとなるブレイクなので、ジョンジョンのシグネチャームーブであるレイバックハックが映えますね。

そして昨シーズンのハレイワチャレンジャーでは、他を寄せ付けない強さでファイナルではパーフェクト10までマークして優勝しています。

先日のガブリエルのよう、ジョンジョンもコンテスト復帰で優勝を果たすことになるのか注目と言えます。

そんなハレイワチャレンジャーですが、場所が場所と言うこともありジョンジョン以外にもビッグネームのCTサーファーが出場します。

一例を挙げると、五十嵐カノア、グリフィン・コラピント、セス・モニーツなど。

個人的にハレイワチャレンジャーで注目しているのは、昨シーズンのデジタル版トリプルクラウンではジョンジョンに次いで2位となったクロスビー・コラピント(グリフィンの弟)。

もともとパワーサーファーとして知られ、後にエアリアルに取り組んでオールラウンドへ転身した珍しいタイプのサーファーです。

さて、ハレイワチャレンジャーの開催は現地時間の11月26日からと目前に迫っているので、楽しみにしたいところです。

ジョンジョン・フローレンスの今年の過去記事

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事