サーフィンはロングボードに始まり、徐々にサーフボードは短くなっていくとショートボード革命により、ロングとショートに分かれました。

ですが、ロングとショートのみというわけではなく、ミッドレングスなんかを含むオルタナティブボードやフィンレスボードなど、サーフボードは多岐に渡ります。

だからこそ、ショートボードのワールドチャンピオンが普段乗らないボードに乗るのも自然な流れなのかもしれません。

今回の動画は、ジョンジョン・フローレンスによるパイプラインでのシングルフィンでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


思いっきりハイパフォーマンスの世界で生きているジョンジョン。

そんなジョンジョンがシングルフィンに乗ると言うので、興味深い内容と言える今回の動画。

ジョンジョンが乗っているのはパイゼルの古いボードで、グラスオンのシングルフィンとのこと。

ボードの長さは5'10で、ボトムデザインはチャンネルボトムだそうです。

ジョンジョン以外の出演者は、弟のネイザンとアイヴァンで、2022年1月にパイプラインで撮影された動画となっています。

パイプということでバレルがメインですが、興味深いのがターンをするシーン。

サーフィンにおいてフィンはターンの支点と呼ばれていて、支点とは英語で「supporting point」。

普段の3枚フィンが付いたスラスターから2枚フィンを減らしたシングルに乗っているということで、英単語をもじるとサポートしてくれるポイントが減る事になります。

つまり不安定になるということで、ジョンジョンのみならず、CTサーファーなどがシングルフィンに乗ってもターンの時はかなり用心深くなる点は興味深いです。

ジョンジョン・フローレンスの昨年までの過去記事

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事